日本全国の税理士紹介サイト【タックスコンシェルジュ】(東京・名古屋・大阪・福岡・仙台)

会社設立

  • HOME »
  • 会社設立

会社設立 – 起業支援

本当に法人化したほうが良いの?

会社設立の主なメリット

会社設立の主なデメリット

知名度・信頼度が向上する
資本金を1,000万円未満にすれば、
消費税の納税義務が2年間なし
資金調達が個人事業と比較して有利
金融機関からの融資が有利
直接金融が可能
減価償却が任意
高税率の所得税を法人税の低税率に振替可能
会社設立の費用、手間がかかる
経理事務が複雑
法人に均等割税額がかかる(赤字であっても税金が発生)
接待交際費に損金制限がある
社会保険が強制加入

個人事業と法人には「手続きの必要性」、「信用面」、「税金」、「社会保険」といったところが大きな違いです。

まず、手続きについてですが、個人事業の場合は届け出のみで登記の必要がなく、手続きに費用は掛かりません。一方で、法人は、登記が必要なため、 準備も考えると、手続きに1か月ぐらいかかります。また、費用も法人の場合は、法定費用(必ずかかる費用)だけで約20万円ぐらいはかかります。

次に、信用面について、信用面は事業内容や創業経緯などによっても異なるため、一概に言えませんが、一般的には法人のほうが信用得やすい傾向があります。法人組織でないと取引できないといったこともまだまだ存在することは事実です。

次に、税金面ですが、個人事業は所得税の対象になりますので、所得が低いうちは個人事業を選択するのが最善ですが、個人事業の場合、青色申告を選択しないと給与支払いや控除等について法人より多少不利な面がみられます。

最後に、社会保険ですが、原則、法人には加入義務があり、個人事業は従業員数によっては加入義務はありません。

会社設立の簡単な流れと注意事項

会社を設立するためには最初に「会社の商号」「目的」「所在地」「資本金」「役員」「事業年度」など基本的なことを決定します。

商号については、類似商号の規制は廃止されましたが、不正の目的をもってほかの会社と誤認させる商号を使用している場合には、損害賠償などの責任が生じます。さらに、商標権などとのかねあいになる場合には注意が必要です。

また、事業目的によっては認可が必要な場合もあります。目的は将来行う可能性のある業務も入れておいたほうがいいです。次に会社の印鑑を作ります。代表者印から銀行印などそろえておきましょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-103-452 年中無休 10:00〜20:00

PAGETOP
Copyright © POLA-RIS inc. All Right Reserved.