日本全国の税理士紹介サイト【タックスコンシェルジュ】(東京・名古屋・大阪・福岡・仙台)

創業融資の獲得

  • HOME »
  • 創業融資の獲得

創業融資の獲得 – 起業支援

キャッシュフローを安定させる

創業時には国庫を含め、「金融機関借入」を成功させ、低金利の融資によってキャッシュフローをよくすることが大切です。

特に設立間もないベンチャー企業では、売上を上げることや営業戦略を練ることに注力する反面、資金繰りが疎かになることが多い。それでは、事業が軌道に乗っていてもキャッシュフローが滞り、最悪の場合、経営破綻に陥りかねません。

金融機関から創業融資を受けるために重要なのは「資料作成」です。なぜなら、「金融機関への提出資料の質で、融資の成否は八割方決まる」と言っても過言ではないからです。 金融機関は常に相当数の融資案件を抱えている一方、各企業の事業内容を深く把握しているわけではありません。だからこそ、資料を作成するうえでは、明確に自社の事業内容や特色を伝えること。 また、今後の売上目標の裏づけとなる、現実的で説得力のある経営計画の立案などが欠かせないのです。 金融機関は、先々まで有望と見込める企業との長期にわたる融資関係の構築を望んでいます。 低金利で融資を行うかわりに、確実にそれを回収したい金融機関に対しては、自社の経営がいかに堅実で、継続性のある企業であるかをアピールする資料を作成することが重要。 ですから、決算書を提出しただけでは十分ではなく、仮に借入ができたとしても見込み額以下の融資しか受けられないことが多いのです。 タックスコンシェルジュがご紹介する専門家では、資料作成のサポートのほか、各案件に応じた金融機関との想定問答を提供しています。 これは、金融機関との面談の際に役立てるための「傾向と対策」。金融機関からの質問にどう答えるべきかのポイントが記載されているので、社長は安心して面談に臨むことができます。

創業融資の意外と厳しい現状

指定された創業計画書をサンプルにならって書いても創業融資は通りません。
さらに1度失敗すれば、2度目はないと考えてください。

ではどうすれば、この難しい審査を通過できるのでしょうか?

そのカギは、独自に事業計画書を作成することです。
金融機関を知り尽くした専門家が全面的にバックアップし、事業計画書を作成することで、融資獲得の可能性をグッと引き上げることができます。

当サービスで紹介する専門家の融資成功率は80%以上です。(2012年6月末現在)

その融資資金で事業を成功させたいと本気で考えている起業家の皆様、お気軽に相談ください!

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-103-452 年中無休 10:00〜20:00

PAGETOP
Copyright © POLA-RIS inc. All Right Reserved.